自作の遊動Kガイドでテレスコロッドをグレードアップ😁

スポンサーリンク
丘

今回、廃ロッドから切り出したパイプの代わりにプラモデル用のパテで作成したパイプを用いた自作の遊動Kガイドが取り敢えず形になったので、作り方を公開します。
耐久性などはこれから確認していきます。

実釣記事&動画を公開しました

茅ヶ崎で竿を折る ワカシ一匹
メインタックルのロッドを折ってしまい、フリーゲームS76L-4が活躍しました😁

ガイド交換するのはフリーゲームS76L-4

フリーゲームS76L-4はしなやかで使い勝手が良く、出番も多いです。

高さのあるガイドを使って遠投性を上げ、傾斜したガイドを使って糸絡みを防ぎ、更に改善を図りたいと思います。

動画も作りました!

振出竿のガイドの自作 自作の遊動kガイドに交換しました

ガイドの調達

ガイド自体は、富士工業からPEラインを用いたアジングやメバリングをターゲットにしたセットが発売されています。

PKLSG16H101
PKLSG16H101
ステンレスフレームとSICリングの組み合わせ

セットだと選ぶのが楽で良いですねぇ〜 でもこれは振出しロッド用ではないので、自力で遊動ガイド化します。

遊動Kガイド自作手順

前準備

元々のガイド向きをマーク

元から付いていた固定ガイドの向きを根拠に背面となる位置にマジックでマークします。

今後ロッドを伸ばす時はこのラインを揃えるようにします。

新しいガイドの位置を決める

富士工業が公開している参考スペックに沿って位置を決めてみました。

富士工業が公開している参考スペック
富士工業が公開している参考スペック

このスペックを私のロッドに当てはめてみるとロッドの継ぎ目をうまく避けられたので、この位置に決定し、位置をマークしました。

ロッドをバラす

作業しやすくする為、ガイドを外して、各ピースを竿尻から抜き出してロッドをバラします。

トップガイドをライターで炙ると接着剤が燃えてガイドが外れます。その他の固定ガイドを丁寧に外せば、残る遊動ガイドを外せます。

上が元々のガイド。下が交換用のkガイド

ガイドを外したら各ピースを竿尻から抜き出します。

新たなガイド位置を白いマーカーで描きました。

参考モデルとフリーゲームの比較

参考モデルはガイド数が10個。対するフリーゲームは7個と少ない割に、竿の根元の方までガイドが設置されています。

穂先からの距離(cm)01011212933465260757792110112136.5146
ガイド位置:参考モデル12 3 45 67 8 910 
ガイド位置:フリーゲーム1 2 3  4  5 6  7
重量(g):参考モデル0.160.07 0.07 0.070.07 0.070.12 0.30 0.762.30 
重量(g):フリーゲーム0.25 0.26 0.27  0.53  0.74 1.33  1.76

ガイド制作

パテでパイプを作る

ロッドにワセリンを塗る

ロッドとパテがガッチリ固定されるのを避けるため、ロッドにワセリンを塗ります。

ワセリンは薬局やドラッグストアで買えます。

ロッドにパテを盛る

パテはタミヤのエポキシパテを用いました。

タミヤのエポキシパテ

パテは白と水色の2種類を使用時に同量混ぜることで硬化がスタートします。

二種類のパテを混ぜると硬化します。

今回はそれぞれ5mm幅に切って混ぜました。この量で先端側のガイド5〜6個なら賄える量が有ります。

パテを混ぜます。
  1. パテとロッドとの間に隙間が出来ないよう巻き付ける
  2. 厚みが均一になるように均す
  3. 余分なパテを削り落とす
盛ったパテを整える

まずは十分に乾燥させます。 この段階でパイプがロッド上で回転出来ないと駄目です。 上の工程でパテを巻きつける時に意識してください。

白いマーカーはパテが食いつきやすくなるので剥がし、マスキングテープを用いて位置をマークしました。

ガイドの固定しやすさやライントラブル防止といった観点で、タミヤの模型用棒ヤスリセットを使ってパイプを整えました。

更に仕上がりを良くしたい場合はサンドペーパーも用いてください。

パイプにガイドを装着する

パテで作ったパイプにガイドを瞬間接着剤で固定したらスレッドを巻き、エポキシ接着剤でコーティングします。

スレッドを巻くことで、ガイドがロッドの任意の位置でピタリと止まるようにします。

巻くときに張り過ぎたりスレッドの密度が高すぎる場合にパイプがロッドに固定され遊動ガイドにならず、何度か巻きなおしする羽目になりました。

スレッドを巻き終えたらロッドからガイドを外し、竹串に差し替え、2液性エポキシ接着剤を用いてスレッドをコーティングしました。

竹串を削ったりマスキングテープを巻いたりして、ロッドの太さに近くなるようにしました。

ロッドに組み込む

出来上がった遊動ガイドをロッドに組み込みます。

最後にトップガイドを2液性エポキシ接着剤で接着したらとりあえず完成です。

クスクス笑わないw

早速実釣しに行ってきます

ランキング挑戦中! クリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました