ちょい投げに立ちはだかる壁 2020年8月2日

スポンサーリンク

丘

前日に待望のワカシ祭りに参加する事ができ、ワカシを持ち帰ったところ、ワカシはもう持ち帰らないで欲しいといわれ、それならばとちょい投げでシロギス狙いをしに行きました。

現場到着は10時過ぎ

よく晴れた休日。
それまでの長梅雨の鬱憤を晴らすかのように、多くの方が海辺に訪れています。
とはいえ密と呼べる程ではなく、マッタリとした空気が流れます。
悪くいえば釣れてる雰囲気が有りません😅

タックル

ロッド:シマノ フリーゲーム S76L-4
リール:タカミヤ kalos S2000
ライン:よつあみG-SOUL オードラゴン0.4号 7.5lb 150m
リーダー:フロロカーボン8lb
ハリス:フロロカーボン8lb

第一の壁

ガイドにラインを通し終えた時、リールにハンドルがついてない事に気付きました。


家を出るときには付いていた記憶がありますので、途中どこかで落としてしまったに違いありません。このリールはお気に入りなのでショック🤯
すぐに家までの道程を辿りながら探したのですが見付からず、同じタカミヤから出ている同じシリーズのサイズ違いとなるkalos S4000のハンドルを持ち出し、再度釣り場へ向かいました。

駐輪場から釣り場へ聞く途中の砂浜でハンドルを見つけました!
しかし砂まみれだったので、持参したハンドルを使いました。

第二の壁

微風で穏やかな波と、ちょい投げ日和です。
スナップに重りをつけようと鞄を覗き込んでも、ちょい投げ道具一式がありません😅

いつものメタルジグケースはあったので、5gのメタルジグを投げてみます

すぐに何がヒットしますが、やり取りが悪いのか、合わせが甘いのか、バラしてしましました。

結局1時間ほどやって大きめの小鯖(笑)が釣れ、午前の部を終えます。

夕方にようやくちょい投げ出来ました

15時半過ぎにまたやってきました。
待望のちょい投げが出来るのに、西からの強めの風と流れが邪魔をします。
底を取れず釣りにならず…
巻き上げ時に小鯖が掛かって来ましたが、ちょい投げでは釣りにならず。
すぐに諦めざるを得ませんでした。

結局ウルトラライトショアジギング

5gのメタルジグや10g程度のメタルジグを投げていると、たまに小鯖が反応してくれます😄
風と流れに翻弄されながら数匹釣って楽しめました😄

ちょい投げは風が弱い日にまたやってみます。

【観ちゃダメなやつ】ちょい投げに立ちはだかる壁 2020年8月2日

PVアクセスランキング にほんブログ村

ランキング挑戦中! クリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました