サーフアジングの準備 飛ばし浮きの自作

スポンサーリンク

丘

このページへのアクセスが思いの外多いのですが、「飛ばし浮きの自作」最新情報は以下のページになりますので、合わせてご確認下さい。

シンキングタイプ飛ばし浮きの自作
以前も飛ばし浮きを作りましたが…フロートタイプとシンキングタイプの二種類を作りましたが、シンキングと思っていた方が思ってた以上のスローシンキングだったと発覚。もっと速く沈むタイプが欲しくなり、新たに制作しました。...

ワームを付けた軽量ジグヘッドを遠投したい

以前は12gまで背負える6ftのバスロッドと、スーパーボールにより戻しを埋め込んでエポキシ接着剤で固めたフロートを組み合わせて、メバルを釣っていました。

今回はより遠投したい事もあって、28gまで背負える9ftのシーバスロッド的な万能ロッドを用い、更にボトムを含めて狙いたいので、20g程度のフロートタイプとシンキングタイプの飛ばし浮きを作ります。

材料

  • ダイソーに売ってる、おゆまる的なもの
  • ステンレスワイヤー 0.8mm
  • 中通し重り 0.5号、1号

おゆまる的なものとはこんな感じのものです。

おゆまる的なもの

お湯に漬けると柔らかくなり、自由に成形出来ます。冷めると固まりスーパーボールのような感触になります。

単体だと水に浮かびます。

以前はこれでメバル用のプラグを自作してました。

今回はその余りを活用します。


右側の2本入りのは1本4.1g強です。
左側の3本入りのは1本3.8g強です。

ステンレスワイヤーと中通し重り

釣具屋で買ったワイヤーを適当に曲げて0.5号の中通し重りを通した所です。
ワイヤー単体では0.3g程度でした。

今回はフローティング用に0.5号、シンキング用に1号を使いました。

スレンレスワイヤーに中通し重りを通したもの

作り方

  • 沸騰させたお湯におゆまる的なものをドボンと入れる。
  • おゆまる的なものがフニャリと柔らかくなる。
  • おゆまる的なものを、重りを通したステンレスワイヤーにかぶせてころころする。

17.4gのフローティングタイプ

おゆまる的なもの15g分と0.5号の重りで17g
完成

19.3gのフローティングタイプ

おゆまる的なものを17g分に0.5号の中通し重りとステンレスワイヤーを加えて19.3gです。

完成

19.9gのシンキングタイプ

おゆまる的なものを15g分に1号の中通し重り、ステンレスワイヤーを加えて19.7gです。

完成

これでサーフアジング爆釣間違い無しですよ😁

ランキング挑戦中! クリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました